かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

【速報】青梅マラソン2018完走しました!!

青梅マラソン2018完走しました。
タイムはグロス2:08:28、ネット2:08:01。


一応青梅マラソンPBです。

「4:10/kmぐらいで走れればいいかな!」
っと思っていたのですが、劣化が激しく4:15/kmでいっぱいいっぱいでした。


でも、足の痛みは出なかったので、ひとまず安心。

次の古河はなももに向けてしっかり調整していきます!!


それでは、オシャレなバーで飲んできます!!


以上。


ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

青梅マラソンが楽しみでしょうがない!!

青梅の追い切り2km。

結果↓

なんとかキロ4は維持したものの、臀部と鼠蹊部に違和感があり。

全然スピードが出ませんでした。


痛みは無くなったんですが、まだ違和感はある感じ。思うように走れない日々。



風呂入ったり、ストレッチしたり、納豆食べたり、牛乳飲んだり。

出来ることはして、回復を待っているのですが、なかなか回復しない。







そんな中、日曜日に迫った青梅マラソン


今年で3回目の参戦です。



調子は最悪。
9月にエントリーした時に思い描いていた自分の姿とは全く違う状態になっています。




でもね、


青梅マラソンが楽しみでしょうがないんです。




初参加で感動した沿道から暖かい声援や私設エイド、

それに加えて今回は、

参加するたくさんの仲間とのスライドでのエール交換、
バンビ隊長を筆頭にはてブロ応援団の応援、
愛媛から上京中の「無我夢中にサブ50のtoshiさん」にお会いするのも楽しみだし、
いつもコメントくれる「ノンブロガーのToshiさん」も、挨拶に来てくれる。




バンビさんセレクトのオシャレな店でのアフターもあるしね。




記録狙ってガツガツ走ってた今シーズン。
緊張の糸は常にはっていました。


でもね、
今回はちょっと糸をゆるめよう!


記録を出すためでなく、美味しくビール飲む為に頑張ろう!!



明日が楽しみでしょうがない!
青梅マラソンが楽しみでしょうがない!!



それでは、青梅楽しんで来ます!!



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

サブスリーのダメージ 〜地獄からなんとか復帰中。。。〜

サブスリーを達成した勝田。

でも、
勝田のダメージは相当なもので、


僕の足は悲鳴をあげていました。


どのくらいのダメージだったかというと、


・座った状態から自力で立ち上がれない(手を使えばなんとか。。)
・スボンが1人ではけない。(足を上げると激痛が。。)
ロキソニン飲まないと通勤できない。


散々たる状況でした。


筋肉痛なら、ゆるジョグでつなげるのですが、
腰から股関節、膝にかけて電気が走る故障っぽい痛み。



足が痛いので当然走る事は出来ず、10日間のランオフ。。。


迫り来る、2/18の青梅マラソン、3/11の古河はなもも、

「これに向けてライバル達は練習を積んでるのに。。。」

と思っていたら、

勝田マラソンおそるべし。





そんな訳で、10日間のランオフ後、
キロ7〜8の超低速ジョグを2発挟み、




まずは、10kmペース走。

ペースをキロ4以上あげると痛みが。。。
痛みが出るか出ないかのギリギリのストライドで走りました。
今の僕にできる精一杯がこれでした。。。




でもって次の日、
セット練でハーフの距離走。

いつもの尾根幹走ったんですけど、すげーきつかった。。。


登りとか歩きたくなるくらい。。。





いやー、身に染みましたね。

超絶劣化中だということを。。。


まだ足に違和感あるし。
っていうか、朝起きたら普通に痛かったし。。。。




青梅マラソン

足が元気だったら4:05/km〜4:10/kmで押していき、

あわよくば、

はてブロランナー トップゴール!!🥇


を狙っていたんですよ。


でも、実情を考えると「だいぶ厳しいかな」って感じです。



嘆いてもしょうがないんで、

いい休憩だと前向きにとらてて、今出来る事をしっかり続けようと思います!!





以上。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その6】サブスリーした日を決して忘れない 〜勝田マラソン2018〜


ゴールを越え、
やっとサブスリーを達成したことを実感する。


「やった!!!」



サブスリーを達成できた事に安堵すると同時に、この一年の様々なことを思い出す。



僕には力がない。

「走ってたら、サブスリーしてた!」

みたいに、
簡単にサブスリーを達成する事は出来ない事はわかっていた。

だからこそ、この一年、研ぎ澄ませてやってきた。

サブスリーする!」

と、自分に言い聞かせてやってきた。


「きつかった。でも楽しく充実した一年だった。」


涙がでてきた。

充実感のある幸せな涙だった。





足を引きずりながら着替え、携帯を確認。

今回も、応援ナビで、妻ちゃんが一番にお祝いしてくれた。

妻ちゃん、いつもありがとう。




その後、はてブロの陣地へ。
ドキドキしながら、タイムを見せっこする。


えいさん 3:05:41
petaさん 3:12:29



サブスリーを目指してやってきた3人。

今回は僕だけ達成だったけど、2人とも次戦の古河はなももにつながる走りをしていた。

えいさん、petaさん、古河はなももで絶対にサブスリーしよう!



その後、バードさんも戻ってきて記念撮影。

えいさん、petaさん、バードさん みんな僕のサブスリーをお祝いしてくれた。





えいさん、バードさんと解散した後、petaさんと地元で一杯。

偉そうにサブスリーを達成した練習とか語っちゃったけど、petaさんもニコニコしながら聞いてくれた。


今度はpetaさんが語る番だよ。





家に帰ると、
妻ちゃんと息子くん二人で

「おめでとー!!」

って、迎えてくれた。


「家族に支えらえて、応援されてここまで来たんだなー」と、改めて実感。

すこし、「ぽろっ」となってしまった。



「やばい、すごい幸せ!」

妻ちゃんに言ったら、



妻ちゃん、ニコニコしながら、


「今日はきみの自慢話を聞いてあげよう!」


と言ってくれた。



2人でお酒飲みながら、マラソンの事だけじゃなく、いろんなことを話した。


いつもは厳しいことばっかり言う妻ちゃんも、この日だけは、いっぱいいっぱい、ほめてくれた。


幸せな時間だった。



ーーーー


2018/1/28 勝田全国マラソンの日、
僕にとって思い出深い一日になった。

これからの人生、
思うようにいかなくて、気持ちが折れそうになる事もあるだろう。


そんなときは、この日の事を思い出そうと思う。



家族、仲間に支えられて、
懸命に走り、

サブスリーを達成したこの日を!!





以上で、
勝田マラソンのレポートは終わりです。
長々と読んでいただきありがとうございました。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その5】サブスリーの最後の壁。そしてゴールへ 〜勝田マラソン2018〜


30~35kn 2:27:07 (ラップ21:19)


勝田前、新横浜での30km走後、サブスリーランナーのおいやんさんがこんな事を言っていた。


「35kmまでサブスリーペースでいけば、残り7.195kmはなんとかなる。ここまで来たのに勿体ない!って気持ちでて粘れるから。」


30~35km。確かにここが正念場だ。


湘南の時はここで失速した。


今回も当然、ここで失速すればサブスリーを逃す。

ただ逆に、ここを4:15で耐えきれればサブスリーはぐっと近づく。

「ここで出し切ろう。」


そんな思いで走っていると、
32kmすぎ、勝田マラソンの難所である3段うねり(アップダウン3連続)が見えてくる。


事前にたのくるさんのブログで、イメージしていたものの、実際に目も前に迫ってくると


「あそこを上るのか・・・」
心が折れそうになる。



そんな心を、
「普段練習している尾根幹に比べればたいしたことない!!」

と奮い立たせ、1つ1つ着実に上っていく。

とにかく出し切るんだ。



35km通過は、2:27:07
なんとか、サブスリーペースで耐える事が出来た。




35~40kn 2:48:49 (ラップ21:42)

35kmのマットを踏んだ時点で、残りの体力はあまり残されていなかった。


「きつい。」

顎が挙がり、フォームが崩れ、ペースを落としたい衝動に駆られる。
ラップが落ちてきて、周りのランナーに抜かれることも多くなってきた。

弱い自分が顔をだしそうになる。



そんな時思い出すのはやはりブログの事。


そうだ、35km以降苦しいのは想定済みだ。

ただ、苦しいのは僕だけでない。35km以降は誰でも苦しいんだ。

僕を抜いたあのランナーも、苦しい中スパートしてるんだ。



そう自分に言い聞かせ、無理やり気持ちを前向きにする。


「絶対に負けねー」

時計を見るのをやめた。
とにかく、自分の前を走るランナーに食らいつく。

40km通過、2:48:49。



40~42.195 2:58:21 (ラップ9:32)

40km通過の時間、2:48:49は係りのおじさんが読み上げてくれた。

「2時間50分以内なので、たぶんサブスリー圏内だろう。」


そんなふうに思うと同時に、

「決して余裕のあるタイムではない」
とも思った。


なぜなら、すでに足も体も限界を迎えていたからだ。



「ただ、とにかく前へ。」

そんな思いで足を進める。

普段ならあっという間の2kmが、とてつもなく長く感じる。

「後悔はしたくない。」


ストライドが全く伸びなくなっている足を無理やり動かす。
込み上げる吐き気を無理やり抑え込む。


前へ前へ。




ガーミンが42kmを告げて、最後の曲がり角が見える。

「あと少し。」


最後の曲がり角を曲がるとゴールが見えてくる。

ゴール前の時計は2時間58分を回った所。

夢にまで見たサブスリーが目の前にある。


ラストスパートをする体力は残っていない。
かっこいいポーズでゴールする体力も残っていない。


ただただ必死で足を動かし、倒れこむようにゴールへ。


ゴールタイムは、

2:58:21。



続きます。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その4】きつい中盤、僕が考えていた事 ~勝田マラソン2018~

15~20km 1:23:44(ラップ 20:54)


フルマラソンを走っていると、毎回、きつくなる区間がある。

それが15km~20kmの区間

・ハーフなら、あと6km。
・30km走なら、折り返し、あとは距離がへる一方


こんな感じで、気持ちを上げていけるが、

フルでの15~20km区間はどのように気持ちを持てばよいのだろう。


勝田マラソンに臨むにあたり、その答えは出ないままだった。


その結果、今回もこの区間できつくなった。
頑張らないと4:15/kmが維持できなくなってきたのだ。


集中力も切れだし、足もおもくなり、

「今回もだめかもな。」

という弱い気持ちが僕を襲いかかり、そんな気持ちと必死に戦いながら走っていた。



そんな時、聞き覚えのある曲が耳に入ってきた。
妻ちゃんとつき合っているときに流行っていた、

GReeeeNのキセキ。

中学生の吹奏楽部が応援してくれていたのだ。


耳に入ってくる音楽に合わせて歌詞を頭の中で口ずさむ。


うまく行かない日だって2人で居れば晴れだって!
強がりや寂しさも 忘れられるから
僕は君でなら 僕で居れるから!
だからいつも そばにいてよ「愛しい君へ」


僕のマラソン生活、
疲労骨折したり、水戸をDNSしたり、目標が全然達成できなくてへこんだり。

うまく行かないことも多々あった。


そんな時、妻ちゃんは、

「マラソンやめれば!」

とは言わず、厳しくも優しいゲキを僕にくれた。


そんなことを思い出し、

「ありがとう、妻ちゃん、俺やるよ!」


そう思いながら、20kmのマットを踏んだ。
応援ナビで応援してくれているだろう妻ちゃんに伝えるように。


20km通過。 1:23:44。



ーーーー

20~25km 1:44:45(ラップ 21:01)

吹奏楽部の応援で、きつい局面を切り抜ける事ができ、集中力を取り戻すことができた。


「さあ、今日サブスリーしよう。」


気持ちが前向きになり足が軽くなる。


ハーフの通過は1:28:21。

「1分半の貯金か。という事は後半どんだけ落ちてもいいんだろう?」


サブスリーまでの時間を頭のなかで計算しそうになったが、考えるのをやめた。

考えたらそのペースまで落ちてしまいそうだから。


「さあ、あとは得意なハーフだ!」

自分に言い聞かせて足を進める。


25km通過は1:44:45。


ーーーー


25~30km 2:05:48(ラップ 21:03)


この区間、考えていたのは、サブスリーを目指して走っているだろう、はてブロの仲間、えいさんとpetaさんの事。


この年末年始、ちみ練と称して、新横浜公園で30km走を2回行った。

ちょうどその距離だからだ。


1回目がクリスマスイブ、2回目が3連休最終日。家族持ちにはきつい日程の中、2人とも参加して、一緒に走ってくれた。


「3人で、サブスリーできたらいいね。」


練習会の時に何度も話していた。



勝田はスライド区間がない。
そのため、仲間がどの辺を走っているのか知る由もない。


「きっと2人ともサブスリーペースで走っているはず。」


年末年始の30km走を思い出す。

練習会と同じようにえいさんとpetaさんが横に並んで走っている気がする。


「よし、あと12km!サブスリーいくぞ!」


えいさんとpetaさん、
そして自分を鼓舞するように声をだして、計測マットを踏む。


30km通過 2:05:48。


続きます。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その3】サブスリーへの貯金を積み重ねる前半戦 ~勝田マラソン2018~


1~5km 21:00

今回目指すのはグロスでのサブスリー
スターの号砲とともに時計をスタートさせる。

のろのろ進む集団。

そして、僕もスタートラインを通過。


スタートまでのロスタイムは、16秒。


この16秒が僕に課せられた借金だ。
この借金を42.195kmで返済していくことになる。


「力まずに、しかし着実に。」

そう思いつつ足を進める。


入りの1kmは4:18。


スタート時のノロノロを考えると少し早く入りすぎな気もしたが、時にきつい感じがしなかったのでペースを維持。



その後も、体が動くままに、おおよそ4:10/kmぐらいのペースで巡航。


5kmの通過は21:00。


思いがけず、スタートまでのロスとスタート後のノロノロの借金をこの5kmで返済する事ができた。

「あとは、サブスリーペースを刻むだけだ。」


ーーーーー


5~10km 41:55(ラップ20;55)

5km以降も、4:10前後で走っていると、

7kmぐらいで、右スネの違和感に気づく。


原因は路面の傾斜。


勝田マラソンのコース、大部分の路面がセンターラインから歩道側に向けて微妙に斜めっているのだ。

その為、足を真っ直ぐに置けず、知らぬ間にスネに負担をかけていたようだ。


「まずいな。」


そう思いながら平らな部分を探す。

すると、センターライン沿いが比較的平らな事がわかる。


「距離は少しロスするかもれないが、平らな部分をはしろう!」


そんな風に思いながら、センターラインを走り距離を刻む。


10kmの通過は41:55(ラップは20;55)。

サブスリーに対して、30秒ほど貯金。



ーーーーー


10~15km 1:02:50(ラップ20:55)


この勝田マラソンを参加するに当たり、たのくるさんの勝田マラソンのコース紹介の記事を何度も読んだ。


その記事の中には、勝田マラソン前半最大の坂、14~15kmの坂↓

のことが書かれていた。


また、別記事にたのくるさんが2:57:42(グロス)で勝田を完走した時のラップも紹介されており、ラップを暗記するほど見返し、坂を走る自分をイメージした。



「そろそろ、何度もイメージした前半の難所の坂が来るはずだ。」



そんな事を思いながら走っていると、目の前に坂が見える。


「たしか、たのくるさんは下りを13~14kmの下りを4:01で、14~15kmの上りを4:22で走ったんだよな!」


とおもいながら、たのくるさんのラップを目標に走る。


目標タイムを持つと頑張れるもので、

結果、

13~14(下り)4:04、14~15(のぼり)4:20。

この区間だけは、たのくるさんとほぼ同等のペースで走ることができた。


15km通過は 1:02:50(ラップ20:55)。


ここまで、サブスリーペースに対して1分ほど貯金。


早すぎず、遅すぎず、いい感じだ。

「よし、このまま行こう!!」




続きます。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー