かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

横浜月例20km ~キロ3:50の世界へ~


12/16(日)。
毎月第3日曜日は横浜月例の日。


先月は風邪で不参加だったんで、2か月ぶり。



いつものように新横浜までいき、いつものように陣地に向かうと、
いつものメンバーが明るく迎えてくれます。



おいやんさん・全力さん・えいさん・petaさん・全力さん・かな先生・えびさん・としさん・そして、はじめましてのタクさん。


「一緒に走る仲間がいるっていいなー」
と思いつつ、みんなと雑談しながら準備。




さて、参加種目。


1週間後に足立フレンドリーマラソンがありますが、今シーズンの目標はあくまで静岡のサブ55なんで、特に気にせず20kmを走る事に。


気象条件は、風がちょっとあるけど、気温が低く暑さの弱い僕にとってはベストに近いコンディション。


シューズはズームフライニット。

さて、スタート。

On your Mark ドン!!




0~5km

petaさんに
「どれくらいで行くの?」
と聞いたら、
「ゆっくり目にはいって平均3:50/kmでいく」
との事。

ギリサブスリーランナーの僕にはちょっと早いペースですが、
「サブ55する為にはついて行かなきゃ!」と、徹底マーク。

スタートからpetaさんと並走、しばらくすると自然と6人ぐらいの集団が出来上がります。


最初は前で引っ張っていたのですが、
木曜に閾値走、金曜に尾根幹帰宅ラン+登戸飲みと普通に追い込んでいたんで、結構足が重い。

そんなわけで、集団の後ろの方で省エネで走る事にします。



5~10km

横浜月例20kmは5kmの折り返しが3回あります。

5kmで折り返しをすると、最初のスライド区間

ハテブロメンバーに加え、
イナズマさんと、岩の如くさん、ユキさんも発見!!

エール交換をしつつ進みます。



12kmぐらいかな、後ろからなんか感じたことある気配がします。


振り返ってみると、

先週、伊豆トレイルジャーニーで70km走ったイナズマさんでしたね。
どんだけスゲー回復力なんだよ。と思いながら、

「まじっすか!大丈夫っすか?」

と話しかけてみると、

「とりあえず10kmまでは行ってみる」
との事。


3:50/kmで進む集団に知り合いが2人。
燃えますね。





10~15km


折り返し地点で、蒼いイナズマさんがなぜかダッシュで前にでます。

「ちょ、10kmから流すんじゃないの!」

と思いながら見送り。


petaさんもペースアップして集団を抜けて単独走へ。
ついていくか悩みましたが、集団のリズムが良かったんで集団でポジションキープ。

13kmぐらいで流しだしたイナズマさんをパスして、petaさんを追走します。





15~20km

petaさん、先行したわりに集団と距離が開きません。


「あーこれ、2か月前のデジャブだなー」。

と思いながら、
Petaさんとの距離が開かないように集団をひっぱりつつ、ラスト1km。



横浜月例名物ラストの坂を上りきったところで走りを意識的に切り替え、ラストスパート。



どんどんpetaさんの背中が大きくなってきて、ラスト500mぐらいで並びます。


簡単にかわせるかと思いましたが、

「くそー」

と雄たけびをあげつつ petaさんもペースアップ。




「まじかー!!」とビビりつつ、もう一段きりかえ。


なんとかpetaさんをちぎってゴール。
ラストの1kmのラップは3:35でした。




結果

ラップ

特に調整もなく、3:50/kmで20km走れたのは自信になりました。


ただ、petaさんとの勝負。


結果こそ、最後にまくる という形で勝ちました。
でも、
単独で走っていたpetaさんに対して、僕は集団走。集団走で温存した力を出し切って勝っただけ。

なんで、実力としてはまだまだ、petaさんの方が上かなって感じです。

「もっと鍛えなければ!!」


そんな風に思った月例でした。



以上。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

サブ55へキックオフ ~Pata練30km走~

ちょっと書きそびれてたけど、先週の日曜日の話。


つくば前、ちみ練と称して、新横浜でpetaさんと2人で30kmを走った時、


多摩川ならもっと気楽に練習会できんじゃね?」
とか、
「朝早く始めれば、家族サービスもできんじゃね?」
とか、
「petaさんのコース、稲田堤に住んでるとき妻ちゃんとお散歩してたわ!」

とかとか。

そんな話をしていました。



で、時は流れつくば後の11/30。

年明けまでまったり過ごそうという僕のさぼり癖を見抜いたpetaさんから

「peta練で鍛えてやる」

とのDMが。


僕とpetaさんの間ではフルマラソンのタイムで明確に上下関係が決まるカースト制度を取り入れていれており、
カースト下位の僕には、当然断る権利はありません。

petaさんに、
「焼きそばパン買ってこい!!」
と言われたら、たとえパン屋が30km離れていても走って買いに行くしかないんです。


そんなわけで、
「ありがたき幸せ!」って感じで、実際にやってきました、


Pata練30km@多摩川



場所は俺たちの多摩川
集合場所は登戸の水道橋。
集合時間はまだ薄暗い6:30。


そんな状況下集まったメンバーは、

petaさん、トシ姉さん、ちみ の3人。


コースは、
多摩川水道橋⇔布田橋 2.5km(通称 petaコース)の往復。

練習内容は、
peta、ちみ 30km走。
ペースは特に決めずにゆっくりはいて上げていく感じ。
としさんは、故障明けなのでジョグ。


軽くアップしてトイレにいって、いざスタート!



0~10km


まずはコースがわからないんでpetaさんの後で様子見。

河川敷をちゃんと走るのは初めてだったんだけど、真っ先に思ったことは、

「風がつえー」



もし、マックさん、バードさん、古本屋さんが、例のバイザーして走ったら、





あっという間につるっぱげになってたであろう風でした。。。


いきなり河川敷の洗礼を受け、ひよりながら

「こんな風の中走ってるの?」

とpetaさんに聞いてみると、

「今日は強いほう」

との事。


「そりゃそうだよね!!」と一安心。

万が一、「いつもだよ」って言われたら、peta練は一度きりの開催になるところでした。


その後も、
「忍者走り」や、「2軸のランニングフォーム」の話をしながら、4:10/kmぐらいのラップで巡航。



10~20km

順調にラップを刻んでいたのですが、
いきなりpetaさんが、

「ちみさん、屁こくわw」

と謎の予告。

この時、ちょうどpetaさんの風下で走っていたので

「まじかー」

と急いで、風上移動します。


ぷぷぷっと軽快なピッチに合わせて屁をこくpetaさん。
なんとか風下にはならないように、常にポジショニングを気にする僕。



こんな状態で、しばらく走っていたのですが、遂に催し物の我慢できなくなったらしく、

「ちょっと便所行ってくる!」
とコンビニへダッシュしていきました。


2kmぐらい単独走になりましたが、すぐにpetaさんがすっきりした顔で合流。


「さあ、こっから頑張ろう」

と気合いを入れなおします。

ところが。。。。。




20~30km


22kmぐらいで、petaさんが遅れだします。

「ちょ!サブ55ランナーさん!!」

と思いながらも、きつそうな顔してたんで、

「大丈夫?」

と聞いてみます。
すると、どうも足が痛い様。


足が痛い時に無理して走っても悪化するのは火を見るより明らかなんで、

「すぐやめたほうがいい。」

とpetaさんに告げて一人旅。


「風つえーよー」

とか文句たれながらもなんとか30km完走しました。





結果

ラップ


つくばから中2週。
強風の中、サブ55ペースで走れたのは収穫。
静岡のサブ55に向けていいキックオフになりました。



以上。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

サブスリーを目指す人に読んでほしい記事

ラソンシーズン前半もそろそろ終わりを迎えようとしている。


全力さんのように目標を達成し、

「目指すはサブスリー!!」

と、燃えてる人もいると思う。


一方、トマスさんのように、

「思ったような結果が出ず」

悔しい思いをしている人もいると思う。





そんな人に読んで欲しブログが1つある。


それは、


つい先日、つくばマラソン2018 でサブスリーをジャンプして、一気にサブ55ランナーとなったpetaさんのブログだ。



小出監督の本に書いてあるサブスリー向け練習メニューを愚直にこなしたらサブスリーできるか?」
という、極めてシンプルな疑問。


そんな疑問を抱いたpetaさん が、小出監督の厳しい指導の下、サブ55ランナーになるまでの1年半。


その間の、

たくさんの挫折と失敗と撃沈、
そして、ちょっとの成功

の歴史を綴った超大作である。



なお、入門当時のスペックは、

フルマラソン 3:30’17″ (2017.03佐倉)
ハーフマラソン 記録なし
10km 42’46″ (2017.04)
5km 19’35″ (2017.07)


「短い距離は速いが、距離が伸びると遅くなる」という典型的なスピード型ランナーが、

どの様な思いを持って、
どのように成長していくか。



詳細は、実際に読んでみて欲しいのだが、


特徴としては、
①月刊走行距離、練習内容、練習ペース、その時の記事がきれいにまとまっており、非常に見やすい。
→自身の練習のマイルストーンになる。



②こんなに練習してるのにサブスリー出来ないんだとビビる。
→ちなみにpetaさんは当時、「練習番長」と呼ばれていて、練習はばっちりなのに本番でダメダメだった。


③最後は達成してハッピーエンド
→自身の成功をイメージできる


って感じだと思う。



僕はリアルタイムで見ており、


「petaさんがこんな練習してるんだから、頑張らなくちゃ!」

と自身への刺激に使ったり、


「撃沈ドンマイw」

と優越感に浸るのに使っていたりした。(ほとんどこっち)




まあ、僕の使い方は置いておいて、



結果は簡単に出るものではない。
どちらかというと、失敗や挫折がほとんどだ。
でも、頑張り続ければいつか最高の結果が出る。



そんな当たり前の事をサブスリーチャレンジを通して、思い出させてくれる良記事。

是非読んで欲しい。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その4】おっさん達の青春 〜つくばマラソン2018〜

前回の続き。



ゴールすると、petaさん、えいさんをはじめブログで知り合ったたくさんの仲間が出迎えてくれた。


みんなサブスリーランナー。
この中にいるとサブスリーが当たり前のように感じる。


やっと3人でここまで追いつく事ができた。


まだ、みんなサブ3.5ぐらいだった1年半前。
リレマラの打ち上げで酔っ払った勢いで言ったサブスリー



あれから一年半。


お互い老けたし、白髪も増えた。

でも、いっぱい走った。

3人で競い合った。

そして、はやくなった。



えいさん、petaさん にタイムを確認する。


えいさんは、2時間59分5秒。

「しっかりサブスリーにねじ込んだね。」



petaさんは2時間54分36秒。

「だいぶ先にいかれちゃったな。」




3人で話していたら、オークさんが、写真を撮ってくれた。

いい歳こいて青春してたおっさん3人の一枚。
センターは、この日、最速のpetaさん 。


2018年11月25日 つくばマラソン

3人でサブスリー達成したよ。




こんな感じでおっさん達のサブスリーチャレンジは終了した。




でもね、おっさん達はまだまだ満足してないみたい。

だって つくばマラソンの打ち上げ、
今回の話はそこそこで、次のレースに向けての話がメインだったし。


やれ、サブ55とか、やれサブ50とか。
夢を語ればきりがない。


いや、夢じゃない、目標。



この目標を達成する為に、おっさん達はまだまだ走り続けます。

競い続けます。



どうぞ、これからもよろしくお願いします。

末永く。



終わり。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その3】落ち続けるペース。それでも、サブスリーを諦めない 〜つくばマラソン2018〜

前回の続き。

25-30km 2:04:42(21:03 @4:12/km)

つくばで数少ないスライド区間。行きは先行するランナーを探しつつ声をかける。

おいやんさん、みずさん、イナズマさん。

見つけ次第、
「ファイトー!!」
と手を振る。


折り返すと今度は、怪盗さん、みっつさん、官九郎さん。petaさんと一緒に声をかける。


が、えいさんを発見できない。

petaさん もえいさんも発見できなかったらしく、

「えいさんいた?」

と話しかけられる。

「いや、でもえいさんなら大丈夫なはず。」

えいさんの走りを信じ、足を進める。




順調にペースを刻んでたんだけど、給水ポイントで軽い接触


足に電気が走る。


大した接触じゃなかったんで、大丈夫なはずなのに なんか足が気になりだす。


月曜に痛めた右ひざが痛い感じ。


一度 気にしだすと 足をかばうような走りになってしまうのか、ストライドが伸びなくなり、ペースが落ちだす。

「ガマンガマン」

そんな事を考えながら必死にペースを維持しようとする。

でも、今度は足の重さが気になってくる。


「まずい。。。」



30-35km 2:26:39(21:57@4:23/km)


明らかに足が動かない、
ペースもずるずる落ちる一方。


petaさんが先行してひっぱってくれようとするが、ついていけない。

心配そうに、何度もこっちを振り返るpetaさん 。





ごめん、petaさん。もう足が動かない。
明らかに足手まといになっているのがわかる。



気を使ってもらって、お荷物になりたくない。
petaさん の ライバルでいたいんだ。

そんな感情が爆発して、

「先行ってくれ!」

petaさん に向かって叫ぶ。



僕の事態を理解したように、

「ちみさん、絶対いける!サブスリーやろう!!」

そんな言葉を残し、petaさん は、ペースアップ。


「おう!」

というのが精一杯だった。

こっから厳しい戦いになる。





35-40km 2:49:28(22:49@4:33/km)

35km付近だったかな、

「ちみさん、ファイト!!」

走ってるはずの、Nさんが何故か応援してくれる。足の調子が悪くて、リタイアしたみたい。


仲間の応援は、ホント力になる。


双子の女の子が生まれたばかりのNさん。
育児も忙しく、なかなか時間がとれないみたい。

そんな中、

はてブロ三羽ガラス(petaさん 、えいさん、ちみのすけ)のサブスリー見届ける!!」

って言って、つくばマラソンに来てくれた。

この場を借りて、ありがとう。


※※※

この区間は、ほぼ抜かれっぱなしだった。

38kmぐらいで、怪盗さん、みっつさん、官九郎さんに立て続けに抜かれる。



みっつさんは、気づいて声をかけてくれるが、ついていく足は残ってない。


あと、残ってるのは気持ちだけ。

「絶対に3人でサブスリーする。」

気持ちだけは、絶対にきらさない。




40-ゴール 2:59:17(9:49@4:28/km)

筑波大学に入ってしばらくすると、後ろから

「ちみさん、ファイト!!」

と聞きなれた声が。


振り返らなくてもわかる、えいさんの声。


ペースダウンしながらも、タイムはまだサブスリー圏内に入っていたのはわかっていた。

だから、えいさんが追いついて来た時、このまま僕が粘れば、3人でサブスリーできるって確信した。



みんなでいこう、3時間の向こう側へ。



スライドで、petaさんとすれ違う。
だいぶ前にいる。


これが、今の僕とpetaさん の距離。


この距離を忘れないようにしようと思う。
静岡ではこの距離を0にする為に。



永遠に続くんじゃないかと思うくらい長く感じた大学の構内、ラストの大きい坂を超えると いよいよゴールまで、あと少し。

沿道から、
サブスリーいけると!!」
と何度も声をかけてもらう。


ラストスパートする体力はない。
でも、一歩一歩、しっかりとゴールへと。


3人で絶対サブスリーするんだ。




最後の曲がり角をまがり競技場へ。
目の前の時計は2:59:00を指している。


もうちょっと。

地獄のように長く感じた30km以降も、もう少し。

必死に足を動かし、ゴールのアーチへ。


ゴール。

2:59:17



目標のサブ55でもなければ、PBでもない。

でも、サブスリーだ。


三羽ガラスのお荷物にならずにすんだ。

達成感より安堵感いっぱいでゴールしたのを覚えている。



続く。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その2】順調にペースを刻む前半戦。〜つくばマラソン2018〜

さて、レース。

ここからは真面目に書きます!!

---



スタート地点につきキョロキョロしていると、
「ちみさーん」を呼び声が。

声のする方に目をやると、おいやんさん、えいさん、petaさん、びあーさんといつものメンバー。その後Nさんも合流。


「なんか横浜月例みたいだね。」

そんな事を言いながらスタートまでの時間を過ごす。

えいさん、petaさんともに、いい感じにリラックスして気負いがない。

良い雰囲気だ。

「これは多分みんなでサブスリー出来るだろうなー。」

そんな事を思いながらスタートまでの時間を過ごした。



9:00ピッタリにスタート。

サブスリーを目指す戦いがスタートした。



0-5km 21:07(20:50 @4:10/km)

最初の1kmは渋滞。
足を極力使わないように意識しつつ抜いていくが思うように走れず、ラップは4:30ぐらい。
この区間で官九郎さんとふじやまさんが並走している所に追いつきご挨拶。


ふじやまさんが
「ついて来ればサブスリーできるよ!」
とか言ってる、


いや、ついて行ったら、途中で潰れてサブ4すら怪しいっす。

そんなことを思いながら談笑。


2km目からは自分のペースで走れるようになってくる。
目標ペースで巡航を開始。


1回目の給水は混雑していて、取る事出来ず。



5-10km 41:44(20:37 @4:07/km)

つくばのペース。

事前では、

「4:10/kmでpetaさんをひっぱるぜ!」

なんて事を言ってたんだけど、実はサブ55ペースで引っ張ろうと思っていた。

事前の30km走ではサブ55ペースで余裕をもって走れていたし、
petaさんもサブ55ペースを余裕で走れるくらいの練習が出来ている。


あわよくば、つくばでサブ55。
最低でも静岡のサブ55につながる走りをしよう。



そんな風に思っていた。

サブ55ペースで巡航すると、自然と集団が出来てくる。

それも大人数。

「さすがつくばだ。レベルが高い。」

そんなことを思いながら、集団の流れに身をあずける。

2回目の9kmの給水。
ここは取りたかったんだけど、大集団だったため失敗。



10-15km 1:02:21(20:37 @4:07/km)


日差しが気になりだす。
給水も失敗しているし、

「やばいなー」

と思っていたら、給水所を発見。

ここは失敗できないと、少しペースをあげ集団から離れる。

アミノバリューを2杯とりがぶ飲みすると、

「ちみさん給水とりすぎw」

とpetaさん。

「いやー、2回給水失敗しちゃって。」

そんな話をしながら4:07/kmを刻む。




15-20km 1:22:59(20:38 @4:07/km)

遠くからブラスバンドの音が聞こえてくる。
聞き耳を立てると、にん玉乱太郎の「100%勇気」を演奏していた。

「100%勇気~がんばるしかないさー」

とか頭の中で歌ってたら、


忍者走りでグイグイタイムを上げているpetaさんが、

「忍者の曲だ!」

とか嬉しそうに話しかけてきた。


「petaさんのサブスリーを後押してくれてるじゃん!!」

そんなことを言ったつもりなんだけど、


petaさんいわく、

「ふーん」

という塩対応だったらしい。

おかしいな。。



20-25km 1:43:39(20:40 @4:08/km)

中間点の通貨は1:27:30。

ちょうどサブ55ペース。いい感じで走れている。

petaさんに

「調子はどう?」

と確認してみると

「余裕!」との事。



「ちみさんは?」

と聞かれたんで、

「ジョグ感覚だよ!」

そんな事を答えた。

実際、ジョグに毛が生えたような感覚で走れていたので、余裕ありあり。


「さあ、ここから爆上げして、サブ55する!!」

そんな事を思っていた。

だけどね。。。。


続く。




ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー

【その1】前日から当日会場まで 〜つくばマラソン2018〜

さて、つくばマラソンのレポ行きます。

まずは、前日から当日会場までの動きを。
(来年も出る予定ですので、来年の自分の為に書いときます。)




最近フルマラソンの前の日は前泊しています。
朝の移動で体力を使いたくなってのもありますが、ちょっと早めに行ってその土地の雰囲気を味わいたいってのが大きいです。


今回のつくばマラソン
当日会場までのバスは研究学園と土浦より出ているとの事でしたが、
エントリーした時点で研究学園のホテルは空き0。

という事で土浦駅に宿泊する事にしました。


当日は、16:00くらい土浦に到着。
バス乗り場(東口)をチェックした後、西口(栄えている方)に移動し、夕食どころを探します。



ところがどっこい、



まともな飯屋がないんです(居酒屋はいっぱいあったんですが)。。。。


さすがに居酒屋に一人ではいるの気が引けるし、絶対にビール飲みたくなるし、さらに飲みすぎるので、グーグル検索。

するとホテルから1kmぐらいのところに、夢庵(ファミレス)を発見。



1kmくらいなら、ランナーにとってはお散歩じゃないですか!?

そんなわけで、夢庵まで歩いて行って、カキフライ定食を食べました。

土浦駅近辺でお勧めのご飯屋知ってたら教えてください。



その後は、大浴場でゆっくり。(ビジネスホテルなのに大浴場がありました!)
8時くらいにはやることがなくなり、電気を消して布団に入ります。


すると、となりの部屋から聞こえてくるんです。


そう、


ペイチャンネルの音が。。。


最初は

「マジか。明日はマラソンなんだからやめてくれよ。」

と思いました。

でも、一方で非常に興味深い内容だったため、聞き耳を立てます。

「なんで、出演しようと思ったの??」

とか、なんかインタビューシーンのような音が聞こえて来ます。


「やべー、俺もみてー。」

なんかスイッチが入ってしまい、正直、課金するかすげー悩みました。

でも、課金したら、体力を無駄に使ってしまい、サブスリー失敗しそう。。。




そんなわけで、心を鬼にして、ペイチャンネルは諦めて、高級耳栓して寝ました。



で、熟睡。


朝起きると6:15・・・・。

寝すぎたー。

急いで準備をして、トイレに行き、7時にホテルをでて、いざバス停へ。
バス停は長蛇の列が出来ていたので焦りましたが、

「立っても良い人はいますかー?すぐに出発できますよー。」

と係員の人が有志を募集中。


「何分ぐらいですか?」

と聞くと
「25分ぐらい」

 との事なので、立っていく事に。
(どうせ並んでも25分ぐらいたたないとバスに乗れませんし。)


そんなこんなで、7時40分ぐらいに会場に到着。

陣地にいって、みんなに挨拶して、着替え&トイレ&荷物預け。


8:30ぐらいにスタートブロックに向かいました。

※荷物空付けからAブロックスタートまで結構歩くんでもうちょい早めの行動が良かったかも。


こんな感じで前日からスタート前まで。
次回は走ります。

以上。



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー