読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

【その2】緊張のスタート前のグータッチ、とにかく抑えて走る前半戦。 〜古河はなももマラソン2017〜


前回の続き。



ブログ村の陣地で記念撮影をした後、準備開始。
スタートが10時、交通規制が9時半なので9時10分にトイレに行き、9時半ちょっと過ぎにスタート地点に並ぶ。


まだ、ほとんど並んでおらず、
「ちょっと早すぎたかなー。」
とか思いながら座ってまつ。


待ってる間、やはり考えるのはレースの事。

「12月に湘南国際を走って以来、久々のフル。30km走はそれなりに積んできたつもり。今回は30km以降、体がどんな反応を起こすんだろう?」


そんな事を考えていると、ドキドキしているのがわかる。

「あー緊張してるなー。」

と、ガーミンの心拍計を確認てみると

105・・・・。

やばい、心臓が飛び出しそうだ。。


そうこうしているうちに、スタート5分前。ブロック分けの看板がなくなり、前に詰める。

と、
横から
「おーい」
と声をかけられる。

振り向いてみると、キミ兄さん!!

「キミ兄さん!!」と返事をし、


グータッチ!

だいぶ緊張がまぎれました。



そうこうしているうちに、10時になりスタート!!
30秒くらいのスタートロス。


スタート地点を通るとともにガーミンをスタートさせ、

3時間1桁に向けた戦いが始まった。



タイムはガーミン、順位は応援ナビより。



【5km:21:54 @4:23/km】(1029位→1222位)
4:27-4:20-4:23-4:21-4:21

目標タイムは、3時間1桁。1km平均4:30以上で進む必要がある。
4:30では心もとないので、最低ペースは4:28/km、また前半の飛ばし過ぎを防ぐ為に上限ペースは4:24/kmで行こうと決めていた。

ところが、スタートするとレースのアドレナリンでジョグ感覚で走っても、あっという間に4分10秒台のペースに突入してしまう。


「これは、絶好調じゃーねーか。行ってしまえ!!」
と、飛ばしたい誘惑に駆られるが、

「タイムの貯金は体の借金。」
と言い聞かせ、とにかくペースを抑える事に集中する。




【10km:43:58(22:04 @4:25/km)】(1222位→1290位)
4:27-4:23-4:23-4:24-4:24

ガーミンとにらめっこしながら、淡々と走っていると、

「追いついた!!」

と声をかけられる。

振り返ってみると、

なんとキミ兄さん!!

前回のスライド区間で、キミ兄さんが結構前を走っていたのは把握していたので、キツネにつままれたような感じ。

「どうしたんですか?」
と聞いてみると、

「トイレに行ってた!」
との事。


トイレに行ってたのに、もうこの位置にいるのか!!

と衝撃を受けつつ、チョット並走してみる。

が。。。

やっぱり、キミ兄さんのほうが全然ペースが早いので並走、速攻中止。

キミ兄さんより、
「まだ、前半。飛ばしすぎちゃダメだぞ!」
とアドバイスをいただき、キミ兄さんと別れる。


そう、あくまで俺のペースは、4:24〜4:28/km!!



【15km:1:05:55(21:57 @4:23/km)】(1290位→1299位)
4:21-4:24-4:22-4:27-4:21

古河はなもも、噂には聞いていたが、どフラット。

日頃の練習ではアップダウンのあるコースを走っているので、メリハリが無さすぎる。


「やばい、飽きてきた・・・。」

身体的には楽なのだが、精神的にはピンチになってきた。。。


【20km:1:28:01(22:06 @4:25/km)】(1299位→1274位)
4:25-4:23-4:26-4:24-4:27

精神的ピンチを迎え、
「なんとかしなくては!!」
と思っていると沿道から、

「激チン頑張れ!!」

と声をいただく。

「そうだ、こんな時は、沿道の応援とスライドするランナーからパワーをもらおう!」

幸いな事にスライド区間が多いのも古河はなももの特徴の1つ。

激沈Tシャツ着ている人を見つけては、

「激沈ファイトー!!」

と声をかけながら走る。




【25km:1:50:09(22:08@4:26/km)】(1274位→1226位)
4:26-4:27-4:21-4:24-4:28


激沈Tシャツを探しつつ距離を刻み、ハーフ通過を通過。

タイムは1:33:14!!


ハーフのベストタイムより、5分30秒落ち。上手くペースも抑えられている。

当然、身体的にも全然ラク。

「これは、もらった!!」


このままのペースでいけば3時間6分台、多少落ちたとしても3時1桁は余裕だろ!


このあと待ち受けているのが地獄とも知らず、捕らぬ狸の皮算用しながら、25km地点を駆け抜けた。


続きます。


ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー