かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

ガツンと来たブログの一幕

一昨日、会社帰りに日課のブログ徘徊をしていると、ある記事に目を奪われました。


それは、小出監督のサブ3メニューを忠実にこなし、サブ3を虎視眈々と狙うpetaさんのブログの一幕。



多摩川マラソングランプリというレースで大撃沈のpetaさん。
そのpetaさんに、おいやんさんがかけた言葉。



おいやんさん:「マラソンは趣味だから勝負してこそ楽しい!失敗しそうだけど、もしかすると成功するかもしれない。そのギリギリのラインを狙う。だから楽しいだ!」

petaさんのブログより



ガツンと来ました。



自分は、どちらかというと置きに行くタイプです。

レース前の30km走を参考に、ある程度余裕を持ってレースペースを設定。

レース当日は、レースペースを淡々と刻む。


こんなレース展開を信条にしています。
(それでも、後半失速しますが・・・)



それはそれで、いいと思うんです。
実際、フルは4レース連続でPB更新してますし。




でも、ふと思ったんです。

「いつから俺、チャレンジしなくなったんだっけ?」

って。



ここでふと若かりし頃の俺が頭に浮かびます。


それは、社会人なりたての俺でした。



理系、つまり男だらけの環境で育ち、彼女を作るどころか女子と話す事すら夢のまた夢。

そんな俺も社会人になり、合コンに誘われるようになりました。


参加するからには、もちろん、「彼女を作ろう」と意気込んで参加しますが、
マラソンでいうとぎりサブ4の実力しか持ってないのに、4:15/kmで突っ込むような感じ。

当然、何度も何度も撃沈しました。



しかし、その度に猛勉強。



モテる技術なんて、読みすぎて穴が空きました。

モテる技術⬇︎


その結果、だんだん4:15/kmのペースで走れるようになり、

なんとか妻ちゃんをゲット!!

そんな、ギリギリの戦いをしていたのです。




ランもそんなもんかもしれません。


日々の練習やレースでギリギリのラインを狙いチャレンジ。

たくさん失敗して、キツイ時、悔しい時もある。

でも、その度に「なにくそ!!」って這い上がり、


最後に笑う。



そんなラン活を今シーズンはおくってみようかな?って思いました。


以上


ps:おいやんさん、彼女作り活動もギリギリのラインを狙ってくださいね(笑)



ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー