かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

【その4】サブ3.5ランナーになる為の最後の試練 、そしてゴールへ 〜湘南国際マラソン2016〜

前回の続き


30km〜35km 24'46" (2:48'59")
[4'53" 4'57" 4'55." 4'58" 4'59" ]

ロッキーおじさんとハイタッチし30km地点を通過した時、ふとある事に気付いた。


サブ3.5のペーサーに追いついてなかったのだ。。。


サブ3.40までのペーサーは開始10kmまでに捕まえた。でも、サブ3.5のペーサーは影も形も見つかっていない。


「大丈夫、もうすぐ追いつくはず。」

そんなふうに自分に言い聞かせて走っていたら、31km地点ぐらい、


※写真は別の大会のもの


前方にミツバチのような集団を発見!

湘南国際マラソンのサブ4以上のペーサーさんは、?(ミツバチ)の様なTシャツを着て、黒い風船をつけているのだ!!


近づいて見ると、背中には「サブ3.5ペーサー」の文字!!


やった、ついに追いついた。


周りのランナーと
「やっと追いつきましたね!」
と励ましあい サブ3.5ペーサーを抜く。


この頃になるとキロ4'50の維持は厳しくなってきた。しかしまだ、サブ3.5ペースでは走れている。


「足は痛いがまだ大丈夫」

そう自己暗示をかけながら進む。




35km〜40km 25'37" (3:14'36")
[5'04" 5'00" 5'08" 5'10" 5'12" ]

35km地点を過ぎると、



サブ3.5ランナーになる為の最後の試練がやってくる。



足のいたるところが痛くなり、動かなくなってくる。そして、キロ5がキープ出来なくなってきたのだ。


歩きたいぐらいきつい。。



この状況がもし初体験だったら、大失速してサブ3.5は達成できなかったかもしれない。ただ、俺は、この状況をちばアクアラインマラソン2016で既に経験済みだった。


ちばアクアラインマラソン2016は、30km地点でこの状況だったけど、走りきれたじゃないか!」


自分に喝を入れつつ、動かない足を動かす。


足が動かなくなっているのはみんな同じようで、キロ5超えて走っているのに 先行するランナーをどんどんパスできる。(当然パスされることもあるが。)


「頑張りましょう!」
と声をかけたり、かけられたりしながら サブ3.5を目指して走る。



37km過ぎ、一度ゴールの横を通り過ぎる。


事前に聞いていたが、噂以上に心が折れそうになる。

「今まで頑張ってきたんだ。あと5km、ここで心が折れてたまるか!」


もう体は限界に来ている。

気持ちだけで体を前に運ぶ。


そして、二宮の第二折り返し地点で折り返し40km通過。



40km〜42.195km 11'39" (3:26'15")
[5'08" 5'01" 1'30"]

あと2キロ、
なんとかペースを上げようとするが、体が言う事をきかずペースがあがらない。

ただ、サブ3.5は目前。

ずっと走って来た西湘バイパスを抜けゴール地点のある大磯ロングビーチへ。


そして、ゴール直接の激坂。

正直きつい。
でももう少しでゴールだ。歯を食いしばり登っていく。


坂をのぼりるとゴールがみえてきた。



ゴールの上にある時計は3時間27分台を表示している。


サブ3.5行ける!!あと少し。


必死に足を動かし、そしてゴール!!


3時間27分45秒 (グロス)


やりきった感でいっぱいになり、自然とガッツポーズが出た。





もう少し続きます





ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー