かかあ天下でもサブ3目指す ちみのすけ のブログ

かかあ天下、2歳の息子の尻にもしかれだしたお父さんが、サブ3目指して試行錯誤するブログ。

【故障履歴 その11】アキレス腱周辺炎 〜 激痛はだの水無川マラソン 体験した事のない痛みに襲われる〜

【故障履歴 その10】アキレス腱周辺炎 〜 はだの水無川マラソン ロキソニンと足首固定で準備万端!!〜
http://chiminosuke.hatenablog.com/entry/2016/09/19/085153
の続き


スタートブロックは、ゼッケンに印刷されている。俺はBブロックだった。
「Bブロック〜♪Bブロック!」
と言いながら、Bブロックの後ろの方に並ぶ。
Bブロックの前の方に並ぼうとおもったのだが、ランパンxランシャツのガチ勢が結構いてキケンを察知。後ろの方に向かう。

Bブロック後ろの方は、みんなTシャツ。当然俺もTシャツ。なんか落ち着くわ!!


これは落ち着いてスタート出来そうだ!と思っていたら、スタート1分前のアナウンスとともに誰かが太ももパチパチしだす。
Tシャツゾーンでもパチパチする人いるんだなー、なんて思ってたら、つられたのか、結構な人がパチパチしだした!!
ちょっ、パチパチ伝染しすぎw

俺ももちろんパチパチしたわ!!


そんなこんなでスタート!


はだの水無川マラソンは激坂で有名なレース。コース高低差↓

初めの6キロまでは緩やかなアップダウン、
その後、15キロまではとにかく登り
残り6キロはひたすら下る。
というコース。

15キロまでの登りはきついが景色はきれい。
登りきってからゴールまでは、ジェットコースターのように爽快に飛ばせる!!
というのが、事前情報。



本格的な登りが始まる6キロまでは抑えて走る。
登りはとにかくがんばる。出し切る。
あとは、出たとこ勝負!!
という作戦とも呼べない作戦を立てていた。



登りが始まるまでは、飛ばさないようにキロ5分ペースで刻む。順調♪

6キロからいよいよ登りが始まる。
気合を入れて登っていく。いきなり結構な急坂なあり、歩いてる人が何人かいる。ここまで抑え目のペースできた俺、歩いてる人を爽快に抜いていく!


8キロ過ぎる。
傾斜がかなりきつい。
心臓が悲鳴をあげてきた。
あせがボロボロ。想像してたより坂がキツイ。そして坂が長い。
水無川マラソンのバカヤロー!!とか思いながら、なんとか登る。


12キロ過ぎから、1キロぐらい急な下り坂があるのだが、ここで右踵に違和感が。。その違和感下るにつれて痛みに変わっていた。


13キロ〜16キロまでの区間、登りは普通に登れていた。しかし、ちょいちょいある下りで、明らかに右踵が痛くなる。やばい。



16キロ以降の下りに入る。
レース前は楽しみにしていた下り。しかし、今の俺には。。。

足を着くと、右踵に「ミシッ」という今まで経験した事のない(筋系の痛みではない)激痛がはしる。さらに、足首を固定しているので、足の着く位置を変える事ができず、完全なる踵を着地。痛いところにさらに衝撃を与えていく。

持ち歩いていたロキソニンを飲んだが、全く痛みは改善せず。

当然ペースを上げる事など出来ず次から次に抜かれていく。みんな楽しそう。爽快な感じで駆け下りていく。

一方俺は、痛みに顔を歪めながら、なんとか下り終わる。



ラスト1キロぐらいは競技場の周りをぐるぐる。
右踵は平地でも、激痛が走る状態になっていた。
もう、ここまで来たらリタイアはない。
歯を食いしばり根性で体を前に持っていく。抜かれようがどうなろうが、前へ前へ。


激痛に耐えながらなんとかゴール!!!



右踵の激痛とともに、俺の水無川マラソンは終わった。。。



次回

【故障履歴 その12】アキレス腱周辺炎 〜 帰宅困難 はだの水無川マラソン〜
http://chiminosuke.hatenablog.com/entry/2016/09/22/083507
に続く。





ランキングに参加しています。よろしければポチッとお願いします。
ーーーーーーーーーーーーー
にほんブログ村 その他スポーツブログ マラソンへ
にほんブログ村

更新の励みになります。
ーーーーーーーーーーーーー